健康の為に安心して飲めるお水

飲料水は毎日口にするものですし、できるだけ安全度の高い美味しい水を選びたいところです。日本の水道水も安全ではあるのですが、自宅の配管が劣化しているとどうしても不純物が混じってしまいます。ミネラルウォーターを宅配してもらえば、常に磨かれた美しい水を飲むことができ、健康面での不安は少なくなります。

宅配水の利用前に知っておくべきコト|失敗しない選び方

ウーマン

宅配水業者によって異なるお水の種類

昔は宅配水もメジャーではなかったのですが、最近は健康ブームのせいもあって、ウォーターサーバーを設置する家が増えてきました。宅配水業者も爆発的に増加していて、どこを選べばいいか困ってしまうほどです。業者によっては扱っている水の産地や種類が違うこともあるので、一つに絞るときにはある程度の知識が不可欠です。また、そもそも水にはいくつかの種類があります。天然水とRO水の違いぐらいは知っておくべきでしょう。天然水というのは、自然の湧き水を浄化したものを言います。RO水というのは、天然水や水道水などをフィルターでろ過したものを言います。純水に近いのはRO水で、ミネラル成分が豊富なのが天然水だと考えておけば大きな間違いはないでしょう。ただ、RO水に後からミネラル成分を追加するケースも多いです。

快適に利用できるウォーターサーバーの特徴

配達員

高度な温度調節機能が付いている

ウォーターサーバーの水は冷蔵庫に入れておくことができません。ウォーターサーバー自体に冷却機能が付いていなければ夏場は面倒なことになります。また、冬場にも困らないよう加熱・保温機能も付いていると嬉しいです。高度な温度調節機能が付いているウォーターサーバーなら、どんな場面でもストレスなく使っていけそうです。

快適かどうかは静音性で決まる

いくら高機能なウォーターサーバーでも、音がうるさいなら快適に使っていくことはできません。ウォーターサーバーは冷蔵庫と同じように常に稼働しているものなので、静粛性の高さが重要になるのです。赤ちゃんがいたり、ワンルームで一人暮らしをしていたりするなら、静粛性の重要度は一層増します。

メンテナンスに手間がかからないものを選ぶ

セフルクリーニング機能の付いているウォーターサーバーなら、比較的快適に使っていけることでしょう。何しろメンテナンスに手間がかからないからです。飲み水を供給してくれるものなので、清潔かどうかは重要なポイントとなります。汚れが付きにくかったり洗いやすかったりするものなら、安心して使っていくことができるでしょう。

契約前に見積もりを取得しよう

正式に契約を結ぶ前に見積もりを取得することが大事です。設置料金がかかるかどうか、ボトルの交換にはいくらかかるのか、月々消費するボトル数にノルマはあるのかなど、確認しておくべきことが山のようにあるからです。

宅配水の契約を検討している人から寄せられる質問

ウォーターサーバー

契約期間に縛りはありますか?

多くのウォーターサーバーには、最低契約期間というものが定められています。業者や機種、契約内容によっても期間の長さは変わるのですが、例えば最低契約期間が二年と定められている場合、解約料を支払わなければ中途解約をすることができないなどのデメリットが発生します。

月々の電気代はいくらぐらいかかりますか?

サーバーの大きさや機能によっても電気代は変わるのですが、最近は節電モードを搭載しているウォーターサーバーも増えてきました。常時節電モードを使うのなら、電気代は一ヶ月あたり数百円で済ませられます。一般的に冷水の方が消費電力は低く、100W未満となっています。温水は300W以上使うことが多いです。

広告募集中